各科のご案内

内科


内科疾患(高血圧、糖尿病、高コレステロール血症、腎臓病など)の管理と治療、かぜ、インフルエンザ、胃腸炎など急性疾患、気管支喘息、花粉症などのアレルギー疾患、頭痛、めまいなど幅広い疾患の診断と治療を行います。

消化器内科


胃、大腸疾患、肝臓病、胆嚢、膵臓疾患の早期診断と治療を行っています。具体的には、逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍(ピロリ菌検査、治療)、大腸ポリープ、慢性肝炎(B型、C型)、脂肪肝、胆石症、膵臓炎など消化器疾患全般を扱っています。

外科

※要予約(毎月第1・3土曜日の午前9:00〜12:00)
専門医による外科一般、甲状腺疾患、肛門疾患(痔など)の診断と治療を行います。

内視鏡検査(胃カメラ)について

内視鏡
当院では内視鏡検査(胃カメラ)には、苦痛の少ない経鼻内視鏡(鼻から細いカメラを入れるタイプ)を使用しています。内視鏡検査は基本的に予約が必要です。診察時にご予約ください。

内視鏡検査(胃カメラ)の流れ

準備

・前日の夕食は夜の7時までに済ませてください。
・水分(お茶かお水)は夜中12時までは普通に飲んでいただいても結構です。12時以降から検査前までは。少量ずつにしてください。
・検査の日の朝は、食べず、お薬も飲まずに、ご来院ください。
・ご来院されたら「検査案内」をお出しください。

前処置

鼻の麻酔をします。鼻がしびれたら検査を開始します。

検査中

胃カメラで食道、胃、十二指腸を観察します。病変があれば、組織を採ったり、ピロリ菌の検査をします。

検査後

検査後1時間は、飲水、食事はできません。
組織を採った場合は、検査後2時間は食事はできません。